おじいちゃんおばあちゃんと3人暮らし

東京でデザイナーをしていた私が、田舎で好きなことだけして生きて行く日々の記録

杉の木とお喋りしたはなし。

昨日と一昨日は、地元郡上市のPR動画の撮影でした。

一緒に撮影に参加したむらなおさん♡

美しい♡

町家オイデナーレで蒲さんがスカウトして下さり、急遽決まったお仕事。

住んでいる郡上八幡 働いている石徹白(いとしろ)で、

白山信仰と縁のある場所を巡り、撮影をしてきました。

私、地元のこと全然知らなかったー!

縄文時代?頃から続く白山信仰を勉強させて頂きました。

ずっと見たかった石徹白大杉が見れて嬉しかったー!!

朝5時起き、6時出発で日の出と共に撮影。

エネルギーチャージされて、

この何だか楽しい嬉しい気持ちと、行き場のないパワーをどうにか外へ出したかったのだけど、

私は叫ぶしかできなくて

(叫ぶことができたけど)

めいっぱい、杉と大空に向かって叫びました。

おーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい!!!!!

って。笑

叫ぶのも良いけれど、やっぱり私はこのエネルギーを瞬時に表現したい気持ちがあって

歌ったり、踊ったり

もっとしよう。

と改めて思いました。

それから、白山中居神社の杉に話しかけたら返ってきたの。

ちょっとビックリして、その時誰にも言わなかったけど。

自分を整えられたら誰でもできるんだね。

話せないんじゃなくて、話しかけてなかっただけだった。



あなたは誰ですか?

大きい◯◯です。 ↑肝心なところが分からなかったけど、大きい何からしい。

ここは、これからも神聖な場所であり続けますか?

貴方がたが、そうしてください。 守ってください。

長い歴史の中で、悲しいこととか楽しいことが沢山あったのですか?



楽しいとか、悲しいというのは無い



みたいなことを言われて。

これ、ビックリしたのです。

自分の中で

「長い間色んなことがあって、大変ねぇ」

「まぁまぁ、良きことも、そうでないことも、沢山あるものです」

みたいな会話を一瞬想像したのだけど、


違った!

良いも悪いも無い

と言われてハッとしたのでした。

(お話しした木。)

そうだった。

本当は何も無いのだった。



でも、本当のところは何にも意味はなくて

全てに自分で意味付けしている世界だとしても、

私は小さなことで落ち込む私の気持ちも愛しているのです。


ありがとう、杉の木。 お杉(私のあだ名)は喜んでおります。



ここから先の写真は、スタッフの吉田枝里子さんが撮って下さったものです♪

ありがとうございます(^ ^)♡

映像出来上がるの楽しみだなー!