読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おじいちゃんおばあちゃんと3人暮らし

東京でデザイナーをしていた私が、田舎で好きなことだけして生きて行く日々の記録

今この瞬間に生きるってどういうこと?【那須シズノさんワークショップ】

ダンス・歌(やってみたいことに挑戦)

ある人が「今ここに意識が在ること」「今ここに生きること」

とよく言うけれど、どういうことか分からない人は、隣の人とハグをしてみて下さいと仰っていました。

初めて会った人でも、家族でも、友達でも、だれでも良い。

あったかい

ほっとする

落ち着く

なんかそわそわする


どんな状態でも、それが今を感じて生きるということです。と





即興での身体表現も、

今ここに生きることを強く感じることができます。


舞台があって、誰が、どんな順番でも、どんな踊りでも良い。

でもとにかく、今勇気を出して飛び込む。


恥ずかしい、一番目は嫌。最後は嫌。

そんなこと考えている場合ではなくなってくる。

自分だと思ったらその時飛び込む。

その時やりたいことをその瞬間に全てやってみる。

その場を感じてみる。



恥ずかしいという気持ちを、怖い気持ちを 抱えながら飛び込んでみる。


即興だから、頭で考えてもできません。


でも確実に、どんな気持ちで、この数分を舞いたいか。

イメージをして、あとは流れに身を任せてやってみる。


まさにそれは、今を生きること。

今この瞬間に全力を注ぐことでした。

シズノさんは、「踊ると開くのが早いです。」

と仰っていました。

ひらく

という感じも良く分かる。


みんな何だか行き詰ったら、とりあえず踊ってみたらいいんじゃないかと思いました。

自分も、今後行き詰ったら踊ればいいと思いました。

歌うのも良い。



(どこで踊ればいいの!って思っていたけど、

色々探して1つ飛び込んでみると、そこから派生して全国各地で色んなやり方で踊ったり、ワークショップをしている人を見つけることができました。

東京でも、名古屋でも、岐阜でも色々あるのね。)



歌うと踊るをやってみて、

人はみんなそれが好きなんじゃないかと思いました。


誰でも自分を解放して踊ること、歌うことは楽しい。

人間はみんな。

生物はみんな。

シズノさんは万物はダンスをしている、人はみな生まれた瞬間から、自然も常に踊っている。

よく聞く表現と思っていたけれど、本当にそうだった。


私の踊りたい、歌いたい

という欲求は、

未来に向けてどうのこうの。

好きなことだけしたい

新しいことに挑戦してみるとか

そんなんじゃなくて、


人間としての原始から続く、根源的な欲求かもしれないと思ったりしています。



sugico.hatenablog.com