読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おじいちゃんおばあちゃんと3人暮らし

東京でデザイナーをしていた私が、田舎で好きなことだけして生きて行く日々の記録

認知症について少し。

こんばんは!

今日も石徹白へ行ってきました♡

今日は、朝出掛ける前のお話しを書こうと思います。

おばあちゃんの名誉の為に書かない方が良いかと迷ったけれど、歳を重ねていった上での1つの自然な現象に過ぎないと思い、書くことにしました。

今日は台風明けで晴れていたので、洗濯日和。

洗濯を終えて出掛けようとしていました。

廊下に、トイレの床に引くマットが折り畳んで置いてあったので、

あら、おじいちゃんマットもお洗濯してくれるのかしら珍しい♪

と思ってルンルンでお家を出ようとした時。

おい!これ何や?!洗うんか?

と大きい声で呼び止められ、

振り返ったらビックリ!!

広げたピンク色をしたトイレのマットが

真っ茶色!!

!!

おじいちゃんも自分で広げてビックリ!!

じ : おお!!何やこれ?!

私 : え!!何それ!!

夜中にトイレに行ったおばあちゃん。

間に合わなかったらしく、こっそり廊下の端に折り畳んで置いてありました。

どうやらおばあちゃんが身体を洗った様子。

そして、朝から超怒鳴り狂うおじいちゃん!!

どひゃーーー!笑

キー!!笑

「お前このマットを!! 手前の川で洗ってこおおぉぉおい!!」

家の前に小さな川水が流れているのですが、

そこで、おばあちゃんに洗わせようとするおじいちゃん。

ふざけんなーー!

(最近虫が湧きまくったお米を捨てたい私 VS 天日干しすれば喰えるわおじいちゃんの

一戦があったため、

捨てないおじいちゃんに激怒する私!笑)

どんだけ汚れてると思ってんの!!

洗うの大変すぎだし!

川で洗ってるうちに、おばあちゃんが川に流されるわ!

おばあちゃんは怒られてるけど、

夢うつつ。

そう言えば、その日の朝方、4時頃、

誰かがお風呂に入る音がしていました。

気にせず、二度寝してしまったけど、

「おばあちゃんお腹痛かった??」

「朝お風呂入ってたね??」

と聞くと、

「そう言えば、夢でお風呂に入ったような気がする。。なぁ。。」

随分前、あるブログで認知症についての記事を読みました。

(バシャールは宇宙人です👽 気になった人は調べてみてね♡)

おばあちゃん、ゆっくりゆっくり、準備中のご様子。

こんな斬新な視点から見たら、1つの過程に過ぎない認知症も、

私達は、悲しいこと、辛いことというイメージを植え付けられています。

でも、刷り込みのパワーは中々なもので。

この出来事と、おじいちゃんに怒り具合を見て、やっぱり切なくなってしまいました。

人間は大変だぁ。

1日3回以上食べたら、食べ過ぎだと怒られるし

1食食べるの忘れたら、何言ってんの怒られるし

3分前のこと忘れたら、ボケたと言われるし

おトイレ行かないと、洗濯物増えるし

忙しいのう!笑

おばあちゃん、私が小さい頃、郡上でう○ち漏らした時、お世話してくれてありがとう。

深い夢の中から覚めにくいのもしょうがない。

大丈夫よ、怒りながらもおじいちゃんが全部やってくれるから♡笑

優しいね♡笑