読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おじいちゃんおばあちゃんと3人暮らし

東京でデザイナーをしていた私が、田舎で好きなことだけして生きて行く日々の記録

お金が無い!と 膀胱炎?!

その他 私の考えていること

つい先日気づきました。
(いや、薄々分かってはいたんだけど)



お金が無い!!!どうしよう!!




でも、お金が無いとき、無いのはお金じゃなくて想像力だ!!


ピンチはチャンス!



と思って、資金調達について色々考えておりました。

そしたらね!いいアイデアが浮かんでテンション上がっちゃって!

るんるんで、今すぐに実行したくなっちゃった昨日!

(石徹白に行って話しを聞いてもらったら、冷静なかおりさんがなだめて下さって。笑
 だいぶ落ち着きました。笑)


でも、今すぐになんとかしたくなっちゃう、落ち着かない性格の私はその後もうんうん考えておりました。


本当にせっかち。今すぐ、最速でなんとかしたくなる。

そんなこんなでずっとお金のことを考えていました。



そしたらね、今日。

朝からだるくて、動けない〜

少し横になってふと目が覚めたら、猛烈に!!


おヘソの下が痛い!!


伸び〜ができないほど痛くて、尿意がきてトイレに行ってもあんまり出ない。。。

どうしたもんかと色々調べていたら、膀胱炎かも、、、!

膀胱炎になったことが無いから定かではないのだけど〜


うえ〜ん!!



わたし、体調悪いとたまに私はリズ・ブルボーの「〈からだ〉の声を聞きなさい」 を参考にします。


書籍の名前なのだけど、症状とリズ・ブルボー で検索するとだいたいネットで出てきます。



体の症状の原因を、感情的、精神的な側面から探っている本です。


今回は、 膀胱炎 リズブルボー で検索。

そしたらさーーーーー!!

聞いてよ〜!!!


膀胱とは、二本の尿管で腎臓から送られてくる尿を貯めておく袋状の臓器。膀胱のトラブルで最も頻繁に見られるのは、「尿失禁」「膀胱炎」「脱」「腫瘍」「感染」「癌」など。

体内の水は、欲求をつかさどる感情体と関係がある為、水に関わる膀胱にトラブルがあるということは、

欲求を実現させる時に必要な「待つ」という能力に問題が生じている、という事になります。

また、フランス語では「水を待っている」と言うのは、「現金を待っている」と言う意味になります。

ですから、膀胱にトラブルを抱えている人は、自分が経済的に成功しないのではないか、

と考えている可能性があるのです。

なぜなら、「尿」=「水=お金」を自由に出来ないからです。

もしトラブルの為に排尿が出来ないとしたら、その人は恐れの為に自分の欲求を抑え過ぎており、
それが自由に発現することを禁じている、という事になります。

また、トラブルの為に尿を漏らしてしまうとしたら、その人は自分をコントロールすることが出来ない、と言う事になるでしょう。
欲張り過ぎて、自分のあらゆる期待がただちに満たされる事を望んでいるのです。


「もうそれ以上、自分にプレッシャーをかけるのは止めて、もっとリラックスした方が良いですよ」と身体が言っているのです。






「現金を待っている」

欲張りすぎて、自分のあらゆる期待が直ちに満たされる事を望んでいます。


もっとリラックスした方が良いですよ。





はい!!!すみませんでした!!


刺さりすぎる〜!





未来の自分を信じて、今の自分も信じて

それについて考えるのを辞めた今日であります。




夜にはおヘソの痛みも治ったのでした。笑