読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おじいちゃんおばあちゃんと3人暮らし

東京でデザイナーをしていた私が、田舎で好きなことだけして生きて行く日々の記録

你好HELLOこんにちはの続き

私の考えていること 旅行 (ドイツ滞在)

 (1つ前の記事の続き)

 

 

いやぁ〜やっぱり嫌だよ!

だっていくら受け取らないとは言っても!

日常的だとその度に負のエネルギーを振りかけられてる感じがするし、

 

「みんな悪意がある訳じゃないからね」と思ってたけど、割とあるよ!(笑)

 

中国人でも、日本人でも、どっちだと思われたってそんなことはどうでも良いのです。

 

你好も大歓迎です。

 

アジア人でまとめてもらって構いません!

私だって西洋人のちょっとした違いが分からないし、知らない国の名前だって沢山ある!

 

でもさ!やっぱりさ!

人をからかうのは良くないよぉ〜

 

ねぇ〜?

 

どんなバックグラウンドであれ、悲しいじゃあ〜ないの。

 

 

ようやく、

多分だけど、

自分の優しさの低い限界値を認めることができたような気がしなくも無い!

 

わたしすーぐ怒ります。

プンプンプン子です。

 

でも、自分の限界値を知った上で人に優しくできたらもっと良いかもしれないですよね。

 

 自分の弱さを知った上で、素直に人と接することができたらいいなと思います。

薄っぺらな仏の優しさじゃなくて、頭にきたら怒って、嫌だと言って、嬉しかったらいっぱい喜べたら素敵ですね。

 

 

いいよね、そんな人。

 

今までも今も、例えば黒人差別とか、ユダヤ人差別などなど、色んなことがあったし、あると思うけど

 

 

生涯そういう目に遭ってきた人の辛さは、私のこれだけの体験では理解できない世界だと思います。

 

そして、同時に自分自身も無知が故に、実は色々な意味を含んでいる「こと」「もの」「ことば」があって、

 

それによって、人を傷つけてきたことがあったと思う。

 

国境を越えてとか、世界は1つとか言うけれど、本当はそうかもしれないし、

そうじゃないかもしれないし、

そうなっていくかもしれないけど、

とりあえず、今ある「そうじゃない状況」を体験することができました。

 

 

 

 

それから、

なんというか、もうちょっと私の感度が高くなって、初対面の異国の人に対しても、悪意があるかどうからくらいは、もう少し分かる人だったら良いなと思います。

 

 

「いや、あの人良い人だよ」ってな感じで。

なんとなく分かるみたいな。

 

それができる頃には、ネコとも話せるようになってるかしら。

 

その頃はもうヨボヨボのおばあちゃんかな。

 

そんなことないな、そろそろでしょう。